PLAST CLINIC    ::: Aesthetic & Plastic Surgery ::: 【0120-01-0780】【 03-5615-2570】 10:00~19:00

クリニック移転のお知らせ

2017年11月11日にあびこ駅前クリニックは東京都内へ移転いたしました。
移転に伴いクリニック名がプラストクリニックへと変更となりました。
ご不便をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。

乳輪を小さくする治療(乳輪縮小術)について

乳輪の大きさが平均的な方より大きくて悩まれている方はたくさんいます。
女性に多いですが、男性の場合でも乳輪が大きいことでご相談にこられます。

ここでは乳輪を小さくする治療(乳頭縮小術)についておつたえしていきます。

術前

乳輪縮小術後

乳輪内周を切除することによって乳輪を小さくした例

乳輪の大きさについて

乳輪の大きさは個人差が非常に強いものですが、どのような大きさでも正常であり、どれくらいから異常などということはありません。

一般的にご相談にこられる方の中では4cmを越えると明らかに大きいと感じられるようです。

乳輪の大きさに関わるよくあるご相談

授乳後に乳輪が大きくなってしまいました。

乳輪は妊娠を契機に乳房の増大にともなって大きくなる傾向があります。
授乳後も乳輪の大きさがそのまま大きい状態のままであることがよくあります。
治療をすることである程度小さくすることが可能です。

乳輪がもともと大きくて困っています。

乳輪の大きさは特別な理由がなくとも個性として大きいことがあります。
気になってしょうがない場合には治療を検討されてもよいかもしれません。

乳輪が特別大きくはないですが、少し小さくしたいです。

乳輪が特に大きいということではないけれどもご自身の中で胸全体に対しての乳輪の大きさに違和感を感じられることがあります。
特別大きい印象はなくとも乳輪を小さくすると胸(乳房)全体がしまって見えることがあります。

男ですが、乳輪の大きさが他の人より大きいです。

男性で乳輪の大きさを気にされている方は意外に多くいらっしゃいます。
男性でも同様に治療をすることで乳輪を小さくすることが可能です。
男性の乳輪に関して大きさともう一つよくあるご相談は
乳輪の膨らみです。
この場合には乳腺切除(女性化乳房症の修正術)を検討する必要があります。

乳輪を小さくする手術(乳輪縮小術)について

乳輪縮小術の治療方法

乳輪を小さくする場合には主にドーナツ型に切り取る方法で行います。
そのデザインには2種類あります。

乳輪内周切除:乳頭近くの乳輪をドーナツ状に取り除く方法

乳頭の周りの乳輪をドーナツ状に一部取り除き、縫い縮めます。

  • 乳頭の根元のところに傷口がくるため傷跡が目立ちにくいことがメリットになります。
  • たくさん皮膚を取り除きたい場合には限界があることがデメリットになります。
乳輪外周切除:乳輪の外側をドーナツ状に取り除く方法

乳輪の外側の方をドーナツ状に一部取り除き、縫い縮めます。

  • 乳頭の周りを取り除くのに比べるとたくさん取り除くことができるため乳輪の縮小効果を大きく出すことができます。
  • 傷跡が乳輪の外側に一致するためクッキリした乳輪の辺縁になってしまうことがデメリットです。そのデメリットを極力出さないようにデザインする工夫を行いますが限界があります。

乳輪縮小術の経過・術後の痛み・腫れ

乳輪縮小の術後経過

手術直後は乳頭の根元あるいは乳輪の外周に縫合した糸がついています。
この糸は術後1週間から2週間で抜糸を行います。

手術当日は乳輪部分にガーゼを当てていますが、翌日のシャワー後からはガーゼを外します。

シャワーは手術翌日から可能です。

浴槽への入浴は抜糸後からをお勧めしています。

手術翌日にガーゼを外して以降は特に何も処置は必要ありません。

乳輪縮小術を行って間もないころは縫い縮めたところがギャザー状に波打つことがありますが、時間とともになだらかになってきます。
このギャザー状に波打つ現象は特に乳輪外周切除で顕著な傾向になります。

乳輪縮小術後の痛み

手術2~3日目くらいまでは乳輪部分がずきずきしますが、強い痛みを訴えられることは今まではありませんでした。
痛み止めの内服薬を念のためにお出ししておりますが、飲まれない方も普通にいらっしゃいます。

乳輪縮小術の腫れ

手術後2~5日程度乳輪全体が腫れることがあります。
乳房全体が腫れることは通常ありません。
胸が大きく腫れて衣服が着にくいというほどの腫れは今まで経験したことはありません。

乳輪縮小術の留意点(あり得る経過・合併症・リスク・副作用)

傷跡について

乳輪外周切除によって乳輪縮小術を行った場合、乳輪の辺縁に沿って傷跡ができます。
その傷痕を境にクッキリした乳輪になってしまうことがあります。
また、傷痕は3~6ヶ月程度赤いこともあれば時間が経って白抜けしてくることもあります。

乳頭の周りの乳輪を取り除いた場合には傷痕は乳頭の根元に一致しているため傷跡は目立ちにくいですが、それでも時間とともに白抜けしてくる可能性があります。

乳頭の形について

乳輪内周切除によって乳輪縮小術を行った場合、乳頭が外側へ全体的に引っ張られる傾向があります。
そのため乳頭がやや平坦化することがあります。

後戻りについて

手術を受けて間もない頃に比べると時間の経過とともに若干の後戻りがあり得ます。

感染症など外科手術全般における合併症の可能性

乳輪縮小術は外科的な治療であるため、ばい菌がついてしまうなどの感染症のリスクや、一部皮膚のくっつきが悪い縫合不全などのリスクがあります。

その場合には経過に合わせて抗生剤の投与や軟膏塗布などが必要になる可能性があります。

乳頭縮小術と乳輪縮小術

乳輪の縮小とともに乳頭も小さくしたいということがあります。

特に、授乳後などで乳輪も乳頭もしぼんでたるみが出ている場合などにはそのような希望をされることがあります。

別々に行うことも同時に行うことも可能です。

乳輪縮小術とモントゴメリー腺の除去について

乳輪の大きさを気にされる方で、もう一つ気になる悩みはモントゴメリー腺という乳輪のぶつぶつです。
平常時から目立っているときもあれば、乳輪が収縮しているときに目立つこともあります。
そのような場合には同時に治療をすることが可能です。
乳輪縮小術の切除範囲内に含まれているモントゴメリー腺は必然的になくなります。
含まれていないものでも同じタイミングで切除することが可能です。

モントゴメリー腺の除去について

乳輪縮小術のご料金案内

価格は全て税抜価格で表示しています。

乳輪縮小術(内周切除、外周切除)
価格

両側 ¥330,000

片側 ¥230,000

部分モニター様価格

両側 ¥260,000

片側 ¥180,000

モントゴメリー腺の除去
乳輪のぶつぶつを改善します。

【乳輪縮小術と同時に除去の場合】

乳輪縮小術の切除範囲に含まれるものは無料です。

基本料金¥0
通常価格

1個 ¥8,000

部分モニター様価格1個 ¥6,400