PLAST CLINIC    ::: Aesthetic & Plastic Surgery ::: 【0120-01-0780】【 03-5615-2570】 10:00~19:00

クリニック移転のお知らせ

2017年11月11日にあびこ駅前クリニックは東京都内へ移転いたしました。
移転に伴いクリニック名がプラストクリニックへと変更となりました。
ご不便をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。

レーザートーニング

顔の皮膚のトーンを明るくする施術の一つとして当院ではレーザートーニングを行っております。

レーザートーニングの適応として有名なものは肝斑に対するレーザートーニングですが、くすみや小さな散在するシミなどにも適応があります。

レーザートーニングとは

レーザートーニングは主に肝斑に対する治療方法の一つとして広く認識されています。

ただし、レーザートーニングは肝斑だけにとどまらず皮膚表面のくすみなどの色調にも有効です。

レーザートーニングはQスイッチYAGレーザーを弱く反復して照射することによってシミやくすみを改善していきます。

レーザートーニングの適応症例

レーザートーニングの対象症例
  • 肝斑
  • くすみ
  • 炎症後の色素沈着

レーザートーニングの症例紹介

照射前

照射後

肝斑に対するレーザートーニングについて

レブライトSI

肝斑はメラノサイトという細胞がメラニンを産生することによって起こっている色素沈着です。

QスイッチYAGレーザーによるトーニングはメラノサイトに刺激を与えずにその中にあるメラノソームというメラニンを含んでいる小さな器官を破壊しているといわれています。

そのことによってメラニンのみを消失させてメラノサイトをそっとしておくことができるというものです。

肝斑へのレーザートーニングは有効性が広く認められていますが、肝斑に対する治療は一筋縄ではいかないことが多々あります。

したがってメラノサイトに対する過剰な刺激を取り除いてあげておくことが必要です。

例えば、日焼けをしない(遮光)、こすらない、厚化粧をしないなどが挙げられます。

また、レーザートーニングの前段階(準備)として皮膚の内側から良い状態を作っておくことも大切です。

トラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEの内服薬を同時に飲むことが推奨されます。

トラネキサム酸はメラノサイトへの刺激を弱め、ビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用によりメラノサイトへの刺激を抑えます。

レブライトSIによるレーザートーニングについて

当院が採用しているレブライトSIは肝斑に対する治療機器としてFDAの認可を経ています。

メドライトC6の後継上位機種です。

肝斑治療に有効なもの

  • 日焼けをしない(日焼け止め)
  • こすらない(厚化粧をしない)
  • トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服
  • ビタミンC誘導体のイオン導入
  • レーザートーニング
  • トレチノイン、ハイドロキノン塗布
  • ケミカルピーリング

肝斑は正確な原因はわかっていません。
ホルモンバランスによって濃くなったり薄くなったりすることがあります。

レーザートーニングの施術の流れ

レーザートーニングの施術の流れをご説明いたします。

診察

ドクターによる診察があります。

気になる症状に対して評価、ご提案を行います。

契約

ドクターの診察の後、レーザートーニングの適応があれば治療に関するお見積りなどをお伝えします。(ホームページ記載の費用以外はかかりません)

施術をご希望であれば契約を行います。

クレンジング

専用ブースと専用クレンジング剤の準備がございます。
照射部位のメイクを落としていただきます。

撮影

施術前のお写真を撮ります。

照射

対象部位へのレーザートーニングを行います。

クーリング

トラネキサム酸とビタミンCの冷却パックを行います。
照射直後のほてりをとりながら美白効果もあります。

美白パック

海藻やミネラルオイルおよび3種類の美白成分によって毛穴を引き締め、透明感のある肌を目指します。直後の白さをご実感ください。

薬剤深部イオン導入(オプション)

お肌に合わせたビタミンやトラネキサム酸、グリシルグリシンなどの薬剤をお肌の深部まで導入します。

お仕上げ

直後の乾燥しがちな肌をやさしくいたわる保湿剤で丁寧にお仕上げして終了です。

レーザートーニングの施術のまとめ

施術時間全行程約60分
治療回数5~10回程度が目安
施術ごとの間隔2~4週間おきに照射
痛み輪ゴムでぱちぱちはじかれるような痛み
メイク施術直後より可能
入浴当日から可能
日常生活の制限日焼けをしないようにする必要あり

レーザートーニングの経過

施術中は皮膚があったかくなってきます。

施術後多少のほてり感があります。
また、照射部がほんのり赤くなっていることもあります。
赤みはほとんどの場合数時間でおさまります。

メイクは施術直後より可能です。

目立ったかさぶたなどはできません。

レーザートーニングの施術回数

レーザートーニングは決まった照射回数というものはありません。

通常は2~4週間ごとに5回から10回程度照射を行います。

シミが良くなってきた段階でさらに肌質をよくしたい場合にはレブライトSIレーザーのPTPモードによる照射を行っていくことも可能です。

PTPモードでは真皮のコラーゲンを増やしていくことができます。

レーザートーニングの留意点・副作用・リスク・合併症

レーザートーニングのリスクなどについてお伝えします。

膨疹の出現

熱の作用によって部分的に皮膚が膨らむことがあります。一時的ですがひりひりするなどの感覚が出現することがありえます。

点状の内出血

小さな内出血斑が出現することがあります。1週間程度で消失します。

肝斑の悪化

メラノサイトが過刺激状態にあるときは逆に悪化する可能性があります。
経過を見ながら適宜治療方針を検討する必要性がでてきます。

白抜け(色素脱失)

肝斑部分の一部が点状に白っぽく抜ける可能性があります。

レーザートーニングの費用・料金について

価格はすべて税別価格で表記しております。

レブライトSIによるレーザートーニング 全顔

初回トライアル¥15,000
1回

¥18,000

6回¥97,200(10%割引)
10回¥153,000(15%割引)

オプション

深部イオン導入

通常価格

¥10,000
フォトフェイシャルと同時

¥5,000