〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2丁目27-3 ラ・プエンテ・アルタ2階
JR日暮里駅から徒歩3~4分

お気軽にお問合せください

診療時間:10:00~19:00
休診日:不定休

専用ダイヤル

0120-01-0780

ACRS療法

皮膚老化のはなし

人の細胞は老化すると炎症性サイトカインが増え、放出されると言われています。

この炎症性サイトカインは慢性炎症を引き起こし、様々な疾患の他、肌質の低下やシワなどになると考えられています。

この炎症性サイトカインを抑える物質に抗炎症性サイトカインがあります。

抗炎症性サイトカインによって皮膚の老化現象を遅らせる、修復させると考えることができます。

ACRSとは

ACRS(Autlogous Cytokine Rich Serum)
自己血サイトカインリッチ血清

ACRS(Autlogous Cytokine Rich Serum=自己血サイトカインリッチ血清)は抗炎症性サイトカインをたくさん(通常の5倍)含んだご自身の血液成分(血清)です。

ACRSの作成

血液を10ccほど採血します。

採血した血液を、専用のキットに入れます。

この専用のキット内のポリマーに血小板が吸着し、炎症性サイトカインが放出されます。

この放出を促すために37度の保温器で3時間ほどまちます。

その後、遠心分離器にて血球と血清とを分けます。

炎症性サイトカインは血清に含まれます。

血清成分を注射器で取り出し、さらに細胞ろ過フィルターで血球成分を除去しながら、炎症性サイトカインを高濃度に含んだ血清を作ります。

ACRSの注射部位と効果

主にシワに対して注射します。

目の下のシワなどが良い適応になります。

首のシワなどにも注射可能です。

変化はゆっくりゆっくりです。

ACRS注射の経過

注射部位は直後に針孔が複数あります。

ところどころ内出血がでることがあります。

大きな腫れはありませんが、注射部位付近に2日間程度むくみがでることがあります。

ACRS注射のメリット

ご自身の血液成分のみを使用しますのでアレルギー反応はありません。

残ったものについては凍結保存をすることができます。

メソインジェクターを使用して顔全体にも投与することができます。

ACRS注射の副作用・デメリット

効果の出方に個人差があること。

反応のし過ぎで膨らみすぎることが否定できないこと。

 

ACRS療法の費用

作成料 & 気になる部位に院長の手打ち治療 & お顔全体にU225によるメソセラピー

全て合わせて 1回 200,000円(税別)

モニター様 1回 130,000円(税別)

※保存後の2回目追加注入費用

1cc 50,000円(税別)(約2ヶ月保存可能) 

お問合せ・ご予約・ご相談はこちら

プラストクリニックのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
ご不明・ご不安な点がございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご予約・ご相談はこちら

0120-01-0780

診療時間:10:00~19:00
休診日:なし(不定休)