PLAST CLINIC    ::: Aesthetic & Plastic Surgery ::: 【0120-01-0780】【 03-5615-2570】 10:00~19:00

顎の形を整えるクレヴィエル注射について

鼻筋を出したり鼻先を高くしたり、顎をシャープにしたりする方法としてヒアルロン酸注射やレディエッセ(ハイドロキシアパタイト)の注射などあります。

また、注射以外にも手術によって形成することも可能です。

ここではヒアルロン酸注射による顎の形成ついてお伝えします。

中でも特に顎先に効果的なヒアルロン酸であるクレヴィエル注入による治療についてお伝えしていきます。

クレヴィエルなどの硬いヒアルロン酸は鼻筋を通す注射としても効果的です。
ただし、重大な合併症のリスクの報告が学会などで散見されるため、当院では現在鼻へのヒアルロン酸注入を見合わせております。

顎の形を整える方法

顎の形を整える方法は大きく三つに分かれます。

一つは注入、もう一つはプロテーゼの挿入、もう一つは骨形成術です。

注入にはヒアルロン酸(クレヴィエル)、レディエッセ(ハイドロキシアパタイト)、脂肪注入などがあります。

プロテーゼの挿入は口の中を切開して顎の先端部分にシリコンインプラントを留置して形を整えます。

骨形成はおとがい形成術と言われ、骨切りにより顎の形を整えます。

これらの施術方法の中で最も簡便な方法は注入による方法です。

アゴ形成の方法
  • クレヴィエル(ヒアルロン酸)注入
  • レディエッセ(ハイドロキシアパタイト)注入
  • 脂肪注入
  • 手術:インプラント挿入術
  • 手術:骨切り(おとがい形成術)

クレヴィエル注入によるアゴ形成の症例紹介

術前

術後

術前

術後

クレヴィエルとは

顎形成で最も多く行っている施術はクレヴィエルというヒアルロン酸の注入です。

クレヴィエルは韓国で誕生した非常に高濃度のヒアルロン酸です。

表記としてCLEVIELやクレヴィエル、クレビエルと表現されることもあります。

主に2種類あり、クレヴィエル・コントアとクレヴィエル・プライムです。
クレヴィエル・コントアは50mg/mlという高濃度のヒアルロン酸で、顎先の輪郭形成に非常に向いています。

クレヴィエルの特徴

  • 長期にわたって形が保持されやすく、長持ちしやすいという特徴があります。
  • 通常のヒアルロン酸では形のメリハリが長期に保ちにくいというデメリットを克服しています。

顎へのクレヴィエル注入による効果

  • 顎を前に出すことで輪郭をシャープに見せることができます。
  • フェイスラインのたるみを整えるときに顎をとがらせるとバランスがよくなることがあります。
  • 顎が小さい方の場合、それによる梅干しジワが注入によって軽減されることがあります。(ボツリヌストキシン注射を打つことの方が直接的によくなります。)

クレヴィエルによる顎形成の持続期間

多くの方は、半年から1年ていどは形が維持されています。

成分としてはもっと長期に残っていると思われます。

クレヴィエルは高密度の固いヒアルロン酸ですが、形のシャープさは徐々に和らいでしまいます。

そのため、注射後半年から1年後くらいに追加注入をされる方が多くいらっしゃいます。

ヒアルロン酸(クレヴィエル)注射の方法

顎先の注入部をデザインします。

その後、少量の局所麻酔を行います。

形をみながら注射をしていきます。

形が整ったところで終了です。

施術後の経過

注射後2時間程度は針孔を触らないようにします。

注射後は強い力で顎を押えないようにします。

大きな腫れになることはほとんどありませんが、むくみ程度がでることはあります。

また、注射後に内出血が出る可能性があります。
内出血が出た場合は完全に消えるまでに1~2週間ほどかかることがあります。

痛みについて

注入時は局所麻酔を行うため痛みはありません。
注射後は強い痛みはありませんがジンジンする痛みが1~2日ほど出る可能性があります。

クレヴィエル注入による顎形成のあり得る経過・副作用・リスク

クレヴィエル注入のリスクなどは通常のヒアルロン酸注入のリスクと大きく違いませんが、下記のような特徴があります。

硬さを触れることがある

クレヴィエルは他のヒアルロン酸に比べて硬さのあるヒアルロン酸であるため、顎を触ると独特の硬さを触れることがあります。

それが特別に問題ということではありませんが、知っておくと安心です。

クレヴィエル注入とプロテーゼ挿入の比較

クレヴィエルによる顎形成をプロテーゼ挿入による顎形成と比較します。
クレヴィエルはほかのヒアルロン酸に比べるとかなり形の維持力が強いですが、それでも時間とともにシャープ感は減ってきます。
1年以上すると減っている印象がでます。
プロテーゼはシャープ感がなくなるということはありません。

ただし施術のお手軽感という点ではクレヴィエルの方が受けやすい施術であることは間違いありません。

 クレヴィエル注入プロテーゼ挿入
効果量によるが、大体の形を作れるはっきりとした効果を出せる
痛みほとんど痛くない術後は痛みあり
施術時間5~10分くらい1.5時間くらい
効果の持続期間1年前後永続的
ダウンタイム(腫れ)ほとんどなし1~2週間
費用1cc 8万円(税別)25万円(税別)

よくあるご質問

日常生活の制限はありますか

強く押さないようにしてください

注入後2時間程度は針孔を触らないようにしてください。
そのほか特別な日常生活の制限はありませんが、できるだけバランスがよく見えるように注入をしていますので特に1週間は顎を強く押えたりしないようにしてください。

クレヴィエル注入による顎形成の費用

価格はすべて税別価格で表記しております。

顎クレヴィエル注入
通常価格1cc ¥80,000

ヒアルロン酸注射の一般事項はこちら