ABIKO EKIMAE CLINIC    ::: Aesthetic & Plastic Surgery ::: 【0120-14-0780】【 04-7184-0780】 10:00~19:00

小顔目的の輪郭用エラボトックス(咬筋ボトックス)注射について

顔を小顔にしたいときに顎の横の張り出し(エラと言われることもあります)が気になる場合に、その張り出しを小さくすることが可能です。

顎の横の張り出しは咬筋という筋肉が発達している場合に特に目立つことが多くあります。

その筋肉を小さくすることによって顎の張り出しを小さくする目的でボツリヌストキシン注射を行います。

(ただし、顎の横の張り出しは咬筋だけではなく、骨の要素もありますのでその場合には骨切り術が適応であることもあります。)

エラボトックス(咬筋ボトックス)の症例紹介

術前

咬筋ボトックス注射後

術前

咬筋ボトックス注射後

術前

咬筋ボトックス注射後

エラボトックス(咬筋ボトックス)の打ち方と効果について

エラボトックス(咬筋ボトックス)は1回注射すると2~3週間経ってから徐々に見た目の効果が現れてきます。初回は最も良い状態は3ヶ月くらいです。その後、徐々に筋肉の回復とともに形も戻ってきます。完全に戻る前に追加注入を行いますと、1回あたりの効果が長くなる傾向があり、持続期間が延びます。人によっては1年くらい戻らない方もいます。

エラボトックス(咬筋ボトックス)の経過

注射当日は液体がエラの部分に入るため少しむくみます。翌日もややむくんでいることがあります。その後、むくみはなくなります。3~5日あたりから噛むときの違和感がでることがありますが、生活で困ることはまずありません。

筋肉の委縮が始まるのはもう少しあとになりますので見た目でわかり始めるのは2~3週間目以降になります。

エラボトックス(咬筋ボトックス)の料金案内

エラボトックス ¥80,000(税別) モニター様価格 ¥40,000(税別)

その他の輪郭用注射